ペットのしつけ >  他人の飼い犬

他人の飼い犬

ペット犬イメージ


基本的にはどんなに大人しそうな飼い犬であろうと、
よその犬には飼い主の許可なく手を出してはいけません。
さわっても良いか危険はないか、飼い主に聞いてみないといけません。


逆に自分の飼い犬がよくしつけが出来ていて従順であったとしても、
よその人に対して、どういう行動にでるかは予測を超えることがあるので、
目を離さぬように十分に注意します。特に小さい子どもを持つ親には
認識していただきたい事です。


しかし人間界には、なかなかそういうルールが浸透していないのが現状です。
小型犬だとさわっても危険がないかのように近寄ってくる子供もいます。


愛犬家だとよくご存じでしょうが、小型化されている犬種ほど、気性が荒く
高慢な態度をとる傾向にあります。犬の気分はいつも穏やかで安定していると限りません。
飼い主が横に居たとしても、威嚇することもありますので注意が必要です。


また、喜んで飛びかかったり軽くじゃれただけでも、幼い子供の肌に傷を
つけてしまうこともありますのでお互いに注意が必要です。


犬のいる暮らし

犬の問題行動とその対処方法

しつけの基本的な考え方

しつけを始めましょう

指示語の知識

犬を飼う準備

外に連れ出す時の基本ルール

飼いたい犬を選ぶ

人気の犬たちについて

美白