ペットのしつけ >  どんな犬になってほしい?

どんな犬になってほしい?

犬イメージ


一緒に暮らすパートナーとして犬を選んだ飼い主。
ぬいぐるみのようにかわいく愛くるしい存在であって、
疲れた心を癒されたいと思うのが人間の願いです。


しかし人間社会の中で生活するためには、お互いに快適に思えるように
ルールを決めるのが「しつけ」です。


しかし犬にも性格がありますし、また飼い主もどんな目的で飼い、
どんな犬にしたいのかをよく考えてみる必要があります。
しつけには犬にも我慢や忍耐が必要ですが、しつける方の人間にも
忍耐が必要でストレスのかかるものです。


こうしなければならないという一般的なルールにとらわれてしまうと、
「できない」事ばかりが強調されてしまい、お互いに愛情や信頼関係が
薄らいでしまいます。人間の子育てと全く同じですね。


基本的に生きていく強さと最低限のルールを供えていればいいのだと、
力を抜いてください。飼い主が犬の性格を理解して
トレーニングの目標を決めましょう。


犬の性格について


飼い犬は、もともと職業犬として人間の都合で
役割や仕事を与えられてきました。それぞれに適した性質を
かけあわせ、具体的に仕事に役立つように多くの品種を
つくり出してきたのです。


愛玩犬としてとても人気のあるダックスフントは、
穴の中に逃げ込んだ小動物を追い込むために、
体高を低く胴体を細長く改良したのは有名な話です。
愛玩犬となった今も、本能の性質がよく働くと言います。


育った環境やもともとの個性もありますが、犬種の性質をつかんでおく
ということは、しつけや問題行動を防ぐ手立てになります。


犬のいる暮らし

犬の問題行動とその対処方法

しつけの基本的な考え方

しつけを始めましょう

指示語の知識

犬を飼う準備

外に連れ出す時の基本ルール

飼いたい犬を選ぶ

人気の犬たちについて

美白