ペットのしつけ >  犬の問題行動

犬の問題行動

犬の問題行動


犬のしつけを行なう前に飼い犬が人間社会の中で
どんな問題行動を起こす可能性があるかを把握して
おかなければなりません。


家の中にずっと囲って暮らす「お座敷犬」として一生を終えるならば、
他人に迷惑をかけることはないでしょう。


しかし愛犬家として、生き物を飼うことのモラルとして、
何よりも社会性を付けさせてやることが必要です。
犬はぬいぐるみではないのですから、心豊かな生き物として
他の個性とのコミュニケーションは必要不可欠であるはずです。


たいていの飼い主は犬との楽しい生活を夢見て、
一緒に暮らす決心を固めたはず。


せっかく手に入れたのに問題行動によって辛い思いが残ってしまうのは
お互いにとって不幸です。犬を飼う人が抱える悩みは、たいていの場合、
犬の習性を理解していない人間の認識力の方に問題があります。


しかし、人間社会の中で困るのは、飼い主の方なので
「犬の問題行動」と呼ばれます。犬にとっては迷惑な話ですね。


さて、犬の問題行動には必ず原因があります。
そのまま放置していくと、わがまま犬に育てることになってしまいます。
我慢は、愛情を欠く原因となってしまいますので、お互いに理解しあい、
解決方法や対処方法を探ることをおすすめします。


現在では犬の平均寿命は大型犬で10〜15歳ぐらい、
小型犬だと15年以上も生きると言われています。
人間と同じく動物医療が進歩し、また食事内容も格段に
よく変化していることから、更に寿命は伸びる傾向にあります。


一度、家族に迎え入れると本当に長いあいだ生活を
いっしょにすることになります。
長く、愛し愛される関係でないといけませんよね。


犬の問題行動いろいろ


人間にとって、わがままな行動、問題ありだと思われる行動でも
犬にとってはそれなりの理由があってのことです。犬自身が悪いのではなく飼い主が
犬の習性や犬種の特性を正しく理解していなことから起こる場合がほとんどです。
そのためには、正しいしつけをしなければいけません。


子供の頃にしつけをするのが基本的なのですが、何らかの事情で
成犬になってからしつけを行うこともあります。しつけが正しくできていると
犬とのコミュニケーションが取れるようになります。


お互いに気持ちが通じることは、様々なトラブルが解決されます。
犬とのコミュニケーションが、飼い主の喜びに変わるように楽しみながら
行って欲しいものです。


◆アルファ症候群
犬の問題行動のほとんどは、アルファ症候群が原因だと言われています。
犬の社会は縦社会でリーダーの存在が不可欠です。人間の家庭に入ったときに、
リーダーになりうる存在が入るかどうかということはとても重要なことです。


人間でも一人では生きていけません。ある程度の上下関係や横との関係、
協調性が必要です。犬の社会では、群れて暮らしていたため、もっと顕著に
その傾向が出るといいます。


飼い主はリーダーになるために、リーダーらしい毅然とした態度が必要ですし、
信頼されるリーダーになるためには十分な知識が必要です。


犬のいる暮らし

犬の問題行動とその対処方法

しつけの基本的な考え方

しつけを始めましょう

指示語の知識

犬を飼う準備

外に連れ出す時の基本ルール

飼いたい犬を選ぶ

人気の犬たちについて

美白