ペットのしつけ >  無駄吠え

無駄吠え

ペット犬が吠える


言葉を持たない犬にとって、「吠える」ことは本能でごくあたりまえの行動です。
飼い主の悩み事の常に上位に「愛犬の無駄吠え」が上がってきますが、
人間にとっては不都合な場面でも、犬にとっては必ず何かの理由をもって
吠えているので無駄ではないわけです。


犬の吠え声には「警告警戒、挨拶、要求、防衛、不安」などの気持ちがあらわれています。
犬種の特性によって、吠えやすい種類や、声の高い種類、声を出しにくい犬もいますが、
100%吠えない犬はいません。


しかし人間の生活の中で苦痛を感じるような吠え声は、ご近所トラブルにも
発展しうる可能性がありますので何らかの対策をしなければなりません。
犬がどういうシチュエーションのときに、どういう声で吠えているのかを
知る必要があります。


大きな声で叱りつけると「吠えること=正しいことと構ってもらえる」と理解して
吠え方がひどくなることがあります。


▼警告警戒
来客や通行人など、家族以外の人に警戒し、吠えることがあります。
吠えはじめるタイミングを見て、吠える前にすぐごほうびを与え、
人が通ることは、怖いことでも悪いことでもないという印象を与えます。

なだめて、吠え終わった後にごほうびをあげると、「吠える=良い行い」、
だと勘違いしてしまう可能性があるので、そのタイミングには十分注意が必要です。


▼挨拶
挨拶のために吠えることがあります。うれしくて吠えてしまうということは、
明るい性格の犬で、けっして悪いことではないのですが、行き過ぎてしまうと、
その吠え声は近所迷惑になってしまいます。

喜びの表現を吠えることではなくて、ほかの方法で表せるようにさせてあげましょう。
吠えはじめるまえにごほうびをあげる、また吠えても相手はしてもらえない、などと、
「吠える=良いことがない」と覚えさせなければいけません。

吠えそうになったときに、逆に大きな音を立てて驚かせることも効果的です。


▼要求
人間の子どもといっしょです。餌が欲しい、何かがしてほしいときに、
「吠える=要求を満たす」癖がついてしまうと困ります。
できるだけ目を合わせないようにし無視します。

吠え声に根負けして、途中で犬の要求を聞いてしまうことのないように。
たくさん吠えないと気づいてくれないという認識になるので注意が必要です。
おしっこをするので、庭に出たい、新鮮な水が飲みたいなどの要求は、
アイコンタクトや仕草、短い声で分かってあげられるようになりたいものですが、
飼い主の方にも常に愛犬の様子に気を払い、敏感に察知してあげることが必要です。


▼防衛
恐がりの犬は、他の人や犬が通っただけで危機感を感じて吠えかかることがあります。
「弱い犬ほどよく吠える」とはよく言ったもので、小型犬の方が高い声でよく吠える
傾向にあると言われています。

人間の耳には高い吠え声は耳障りで、ご近所トラブルにもなりかねないので、
お座敷犬だからと放置せずに、「吠える=良いことがない」と教え込まなければ
いけません。また家の中やハウスの中は危険が及ばない安全な場所だと教える
必要もあります。臆病な犬の吠え癖は、直すのがとても難しいと言われています。

吠えそうになったときに、大きな音を立てて驚かせるというのはよく使う方法ですが、
臆病な犬には逆効果です。


犬のいる暮らし

犬の問題行動とその対処方法

しつけの基本的な考え方

しつけを始めましょう

指示語の知識

犬を飼う準備

外に連れ出す時の基本ルール

飼いたい犬を選ぶ

人気の犬たちについて

美白