ペットのしつけ >  ペットが異物を食べたとき

ペットが異物を食べたとき

ペット犬イメージ


食べるもの以外のものを口にするということもよくある問題行動のひとつです。
異常行動ともいわれ、なぜ行うのかは実はよくわかってないことが多いようです。
内部寄生虫、消化酵素が不足しているためなどともいわれますが、
それらは動物病院で的確な診察をしていただかないと分からないことです。


病的な原因でなければ、食事量が不足していること、ストレスを抱えていることが
考えられます。飼い主の気を引くために注目をされたくてしていることもあるので、
その原因が何であるのか様子をよく観察することが大切です。


異嗜(いし)


食べ物以外の物を食べてしまう行動を、異嗜(いし)、異食(いしょく)と言います。
犬の手や口が届くところに食べられるようなものを置かないことが原則です。
よく食べてしまうのはペットシーツや観葉植物、石や土、紙くずなどです。


小さいもので自然に排泄されるものであれば、様子を見ていても構わないのですが、
時には胃腸に詰まってしまうことがあるので注意しなくてはいけません。


消化できない異物をのみこんでしまったときには、その大きさやものによっては
直ちに獣医に相談することが必要です。口にしたときに取りあげようとすると、
犬は本能でとられまいと威嚇します。


しかし、急いで飲みこませるのは危険なので、落ち着かせて
口を離させないといけません。これには十分な信頼関係が必要になってきますので、
普段からの接し方が重要になってきます。


鼻先にレモンやお酢など、犬の苦手な香りの入った水を吹きかけるなど、
普段から対処道具を準備をしておかなければいけないでしょう。


もし食べるものが限定されているときには
(ごみ箱をひっくり返す、とか観葉植物、いすの足をかじるなど)は、
その付近にタバスコなど嫌がるようなものを塗って止めさせる方法もあります。


また、人間には感じない程度の嫌な臭いの入った、しつけ用のスプレーも
市販されていますので利用してもよいでしょう。

消化できない異物を食べてしまったときには胃腸に詰まってしまうこともありますので、
よく注意しておかなければいけません。


食糞


異物を食べてしまう中で、よくある問題行動が「食糞」です。
しかし、この行動は野生のイヌ科動物によく見られ、犬にとっては本能の行動の
ひとつなので異常ではありません。


問題行動とされるのは、人間にとって「糞が汚い」という固定観念があるからです。


・・・とはいえ、家の中で飼う犬は、抱いたり、生活の場所を人間とともにするので
不衛生ですし、伝染病などに感染する危険もあるのでので出来ればやめさせたい行動です
食糞は、特に子供の頃によく見られ、成長の過程で他においしいものが
たくさんあることを覚えると、自然におさまることがほとんどです。


成犬になってから始まったり、長く続くようでしたら原因の特定をしなければいけません。
食事の量が足りない、ストレスがあるなど飼い主の気を引くために、することが
ほとんどだといわれていますが、病気を持っていることもあるので
様子をよく見なければいけません。


異物を食べる問題の中でも食糞の場合、跡形残らず食べてしまうので、
飼い主にも気がつかないことがよくあります。気がつけば、ウンチをしていない、
シーツに跡が残っている、口のまわりの毛に付いていたなどで発覚します。


必要以上に叱りつけず、飼い主は注目をしていないということを強調するために
できるだけ無視して後片付けをしてしまいます。


犬のいる暮らし

犬の問題行動とその対処方法

しつけの基本的な考え方

しつけを始めましょう

指示語の知識

犬を飼う準備

外に連れ出す時の基本ルール

飼いたい犬を選ぶ

人気の犬たちについて

美白