ペットのしつけ >  犬のしつけ

犬のしつけ

犬のしつけ


基本的に犬は一人の「リーダー」を決めます。
家族で飼うときには家族みんなの命令を聞くのが理想なのですが、
犬の習性で一人ずつ縦に順位をつけることがあります。


お母さんのいうことはよく聞くのに、子供たちのいうことは聞かない、というのは
よくある話。犬も家族の中での力関係をよく理解しているのです。


我が家の犬にとっては、母親である私が「リーダー」なので、何をしても吠えることは
ありませんが、私が犬を抱いているときなどに子供たちが手を出すと、とても怒り
咬みつくポーズをとります。


自分が御主人様にいちばん近い場所にいるという立場を誇示しているのです。
しかし、膝の上から降りると、子供たちもまた「ライバル」から「リーダー」に
かわる事もあります。


おやつのある場所がわかっていても、自分では取り出すことができないのですから、
身近な人間を使うしかありません。いつも私がそばにいるわけでかないのですから。
それは、こちらから見ると子供たちのご機嫌をとっているようにも見えます。
犬の頭脳の方が一歩上なのかもしれません。


出るところは出る、退くところは退くという飄々とした態度は参考になります。
リーダー以外の人間の言う事聞かないのは困ります。用事で人に預けることもありますし、
基本的には、赤ちゃんであっても、人間の方が立場が上なのだということを
教えておかなければいけません。


しつけの心構え


飼い主の気分でしつけのやり方や対応を変えるのはよくないことです。
犬の感情は人間よりも単純なので、こちらの対応が一定していないと、
どうしていいか分からず、言う事聞かなくなります。


しつけのときは、常に同じ態度で同じ命令をするように決めておきます。
また、命令に従うようになったとしても、もし、主人であるあなたがいないとき、
犬はどのような行動をとっているのかわかりません。


犬はとても賢いので、命令をする人がそばにいるのか、外出しているのかなど、
状況を判断する能力にも優れています。


飼い主がそばにいるときは、とても穏やかで命令をよく聞く犬なのに
外出中は通行人や物事に対して、過敏に吠え続け近所迷惑になっていることもあります。
人間社会に溶けこませるためには、犬を操る方法ではなく、
犬の心を知ってあげなければいけません。


しつけはいつから?しつけの時期について


基本的に飼い犬のしつけは、早ければ早いほど良いといわれています。
赤ちゃん犬の場合、生きていくために必要なことを母親の代わりに教えなければ
いけないので、愛情をもって正しく行わないといけません。


犬種や年齢によって、またその犬の育ち方や個性によってもさまざまなのですが、
ひとつのトレーニングを一度行うのに1歳以上の成犬になった大型犬で
2〜3時間はかかります。小型犬でその半分と言われています。


一刻も早く、信頼関係と服従する ことの心地よさを教え込みましょう。
最初のトレーニングがうまくいくと、お互いに慣れてだんだん早く進むようになります。


犬のいる暮らし

犬の問題行動とその対処方法

しつけの基本的な考え方

しつけを始めましょう

指示語の知識

犬を飼う準備

外に連れ出す時の基本ルール

飼いたい犬を選ぶ

人気の犬たちについて

美白