ペットのしつけ >  犬のしつけの基本

犬のしつけの基本

ペット犬のしつけ


「犬をしつける」ということは、人間社会の中で人間と犬が気持ちよく共存できる
「ルール」をお互いに持つということです。


野生の動物としての犬社会のルールとは全く別の考え方になるので、
人間のルールを押しつけることを、可哀想・・・ととらえてしまうと、
失敗してしまうことになります。


基本的に人間が犬を管理するのが人間と飼い犬の関係ですから、服従のための命令を
よく聞かなければなりません。


また、ほとんどの犬種は人間と暮らすように改良されていますが、
他の犬ともふれさせ犬の社会があることを教えなければいけません。
外に出て他の犬たちとも仲良くできるようにしましょう。


飼い犬に対して深い愛情をもって育てることはとても大切なことですが、
人間が赤ちゃんを育てることやぬいぐるみを扱うのは、
まったく別と考えなければいけません。


犬のしつけにとって「甘やかす」ということは、なによりもよくないポイントです。
また飼い犬は、人間に従順に性格が改良されているとはいえ、動物ですので
いつどこで野生の本能がむきだしてくるか分かりません。


人に危害を加えてしまうと、人間社会の中では生きられないので、
不幸な飼い犬を作らないためにも毅然と態度を保たないといけないのです。


犬を正しくしつけする


人間の社会には様々な細かいルールがあります。ペットは愛好家にとっては
家族の一人ですが、社会的には趣味指向の一端です。


動物が社会の一員として迎え入れられるようにするためには、
管理をする人間が細かなルールを決めて守っていかなければなりません。
家の中に囲っておいて外の世界と触れさせないならば他人の迷惑に
なることもないのですが、個人の持ち物とはいえ、動物は「生き物」です。
命のあるものを扱うということは豊かな愛情と強い責任 感がなければいけません。


飼い犬が社会的に認められ、幸せな一生を送れるかは飼い主次第です。
犬は賢い動物なので、しっかりと飼い主のいうことを聞きます。そのためにも
正しいしつけをしなければなりません。


間違ったしつけが原因でトラブルを起こしてしまっては、
あなたにとっても犬にとっても不幸な結果となってしまいます。


犬のいる暮らし

犬の問題行動とその対処方法

しつけの基本的な考え方

しつけを始めましょう

指示語の知識

犬を飼う準備

外に連れ出す時の基本ルール

飼いたい犬を選ぶ

人気の犬たちについて

美白