ペットのしつけ >  間違ったしつけの方法

間違ったしつけの方法

凹んだ犬


昔ながらの犬のしつけの方法論には・・・


「手を出して動きを抑制する」
「口の中に手を突っ込んで止めさせる」
「大きな声で押さえつける」


などの方法も書いてあるといいます。確かに今でも、厳しい作業をする犬には、
そういう厳しいしつけが行われているようです。作業犬には重要な役割があるので、
多少の強制は仕方のない範囲なのかもしれません。


しかし、家族の一員として暮らす「家庭犬」には、厳しすぎるしつけは逆効果です。
犬種の資質が様々ですが、ほとんどの犬は愛玩犬として家の中で
人間とうまく暮らせるように改良されています。


そういう普通の犬には、厳しい精神鍛錬は向いていません。
アメとムチを使い分けで、人の手は優しくなれてくれるものだということを
教えなければいけません。人も犬もほめて育てるのが実は一番の近道だと言えるのです。


叩いて教える・・・
人の手を怖がるようになります。

ごほうびで釣る・・・
ごほうびがないということを聞きません。

厳しいだけ(誉めない)・・・
恐怖心を抱きます

いたずら・わがままを叱らない・・・
上下関係が分からなくなります(犬が上位になります)


犬のいる暮らし

犬の問題行動とその対処方法

しつけの基本的な考え方

しつけを始めましょう

指示語の知識

犬を飼う準備

外に連れ出す時の基本ルール

飼いたい犬を選ぶ

人気の犬たちについて

美白