ペットのしつけ >  誘導法の基本

誘導法の基本

ペット犬イメージ


「しつけ」をするためには、犬が飼い主の目の届くところにいることが条件です。
最終的には見えないところにいても、指示語のみで動けることを目標にしますが、
最初は見える範囲にいて手や道具を使って誘導します。


ごほうびで犬を引きつけ、回転させる・上を向かせる・下を向かせる、の
3方向の動きができるようにします。


・リードの使い方
屋内でトレーニングする時にも、いずれ屋外に連れていくための準備として、
リードをつけて練習をします。リードは引っ張ってはいけません。
散歩に行くためにリードを嫌がるようになっては困るので、犬の位置を調整するために、
リードの長さを変えるのは大丈夫ですが、意図的に引っ張ると犬も引っ張り返します。

リードを「引くもの」と認識してしまうと、散歩のときに引っ張り癖が
付いてしまいますので、常にたるませた状態にしておきます。


・ごほうび
犬の向きをコントロールするのは、リードを持っていない開いている方の手
(ごほうびを持った方の手)で行います。

ごほうびには食べ物を使うことが多いのですが、その大きさや与え方には
注意が必要です。目安はその犬のつま先程度とします。小型犬にたくさんのおやつを
与えてしまうと、満腹になりトレーニングをする気力も失せていきますし、
本当の食事が取れなくなってしまいます。

状況に応じて少しずつ差し出し、興味をそそるように工夫します。


・トレーニングの計画
トレーニングをする飼い主が、どのような動きをしなければならないのかを
十分に計画して把握しておきます。次にどうするんだったっけ?という動きの迷いは
犬も混乱してどうすればいいのかわからなくなってしまいます。

犬は賢いので、飼い主の行動を先読みします。指示語や態度があやふやだと
間違った指示を覚えることになりますので、飼い主の方が先に教え方を
理解しておきましょう。


犬のいる暮らし

犬の問題行動とその対処方法

しつけの基本的な考え方

しつけを始めましょう

指示語の知識

犬を飼う準備

外に連れ出す時の基本ルール

飼いたい犬を選ぶ

人気の犬たちについて

美白