ペットのしつけ >  しつけ時の叱り方

しつけ時の叱り方

ペット犬イメージ


犬には言葉が通じませんので人間は態度で感情を表現しなければなりません。
叱るときには気迫を見せます。犬がどんなに暴れたり、甘えた声で媚びても、
この人には通じないと思わせるように、毅然とした態度を保ちましょう。


人間同士の場合、複雑な感情を持っていますので、厳しくしかった後に
どんなに優しくしてもなかなか受け入れられない気持ちになります。


しかし犬の感情はもっと単純なものですので、上下関係を作ってあげることが逆に心地よく
大事なことです。大げさに怒ったり、大げさに優しくしたりという分かりやすい
態度が犬には必要なのです。


また言葉を話さない分、アイコンタクトで通じる部分が大きいと言われています。
しつけをする時には常に犬の目をじっと見つめ、先にさらさないようにします。
アイコンタクトができるようになれば、愛犬からの要求もスムーズに通じるようになり、
吠えたり咬んだりする問題行動が少なくなり、目線で訴えかけるようになってきます。


犬のいる暮らし

犬の問題行動とその対処方法

しつけの基本的な考え方

しつけを始めましょう

指示語の知識

犬を飼う準備

外に連れ出す時の基本ルール

飼いたい犬を選ぶ

人気の犬たちについて

美白