ペットのしつけ >  アイコンタクトの意味

アイコンタクトの意味

ペット犬イメージ


言葉は話せない犬は目で物をいいます。アイコンタクトは飼い主と犬との
コミュニケーションにとって、とても大切です。命令をする時には、
飼い主に注意を引きつけなければいけないのはもちろんのこと、
犬の方も飼い主の指示を待っていることを伝えなければいけません。


飼い主の行動に常に注意を払えるように、忠実さを身につけることは
トレーニングをスムーズに進められ信頼関係を深めることにつながります。
犬同士のけんかは視線を合わせたことから始まるといいます。


もめごとを回避したいときの犬は視線をそらします。
視線を合わせて指示を仰ぐのは、飼い主を特別な存在として認めている証拠で
目をそらすときには何かやましいことがあるとき逃げたいと思っている時です。


アイコンタクトがしっかりできていると、散歩中など犬が状況判断に困ったときに、
自然に飼い主の指示を仰ぐために目を見つめるようになります。
アイコンタクトを教えるためには自分の名前を決めてあげなければいけません。


ごほうびを用意して「名前を呼べばいいことがある」ということを教えて、
飼い主の方に注目させるようにします。逆にトレーニングの中で叱るときに
名前を呼んではいけません。


「名前を呼ぶ=嫌な思い」と関連づけてしまうとトレーニングの妨げになります。


アイコンタクトの最終目標


屋外の人込みの中や他の犬がいるところでも、興奮しすぎず冷静に
飼い主の視線に注目できるようになることが目標です。


最初は飼い主と犬の二人きりで、家族を増やしての家の中で、静かな外で・・・と、
少しずつハードルをあげ、根気よく練習しましょう。


犬のいる暮らし

犬の問題行動とその対処方法

しつけの基本的な考え方

しつけを始めましょう

指示語の知識

犬を飼う準備

外に連れ出す時の基本ルール

飼いたい犬を選ぶ

人気の犬たちについて

美白