ペットのしつけ >  指示語の注意

指示語の注意

ペット犬イメージ


指示語を使ってトレーニングを始める前に飼い主の方が
把握しておかなければならないポイントがあります。


1・指示語にはいろいろありますが、しつけをしようとする家族が
同じ動きに対して、同じ言葉で行動させるように統一しておきます。

たとえば、一般的に座らせるための指示語として「オスワリ」「Sit」「すわって」
などと、いろいろな言い方があります。どの言葉を発しても同じ動きを
してくれるのが理想なのですが、よほど認識力に優れていないと別の指示だと
思って混乱してしまいます。

指示語の最終的な目標は、飼い主の身振り手振りがなくても言葉のみで
動けるようになるのが理想です。


2・トレーニングの最中は、まだ言葉の意味が分からないので、飼い主の身ぶり手振りで
判断することになります。動きと指示の言葉が結びつくように正しい動きをしたときに、
すぐに指示語をかけ、ごほうびを与えるようにします。

   ○ 犬の行動 → 言葉かけ → ごほうび
   × 言葉かけ → 抑えつけて行動させる


3・指示語は繰り返しません。犬は同じ言葉が繰り返されていることを理解できないので
「マテ・マテ」と言ってしまうと、「マテマテ」という指示語になってしまいます。
できるだけ短く明確な発音で一度だけが原則です。


犬のいる暮らし

犬の問題行動とその対処方法

しつけの基本的な考え方

しつけを始めましょう

指示語の知識

犬を飼う準備

外に連れ出す時の基本ルール

飼いたい犬を選ぶ

人気の犬たちについて

美白