ペットのしつけ >  ヨシ

ヨシ

ヨシ


「オスワリ」も「フセ」も命令が聞けるようになると、
すぐに褒めてごほうびを与えてしまうのですが、必ずしばらく静止を保ち、
解除の言葉を使って動きを解いてから与えるようにします。


解除の言葉には「ヨシ」「イイヨ」「OK]などを使います。
飼い主が言いやすければ何でもいいのですが、あまり一般的でないと外の世界で
よその人のいうことを聞けなくなってしまいます。


トレーニングのなかで犬は解除の指示をいちばん待ちわびています。
犬の世話に携わる家族が共通して同じ言葉を使うように統一して
置いた方がいいでしょう。もしも解除の言葉を教えておかなければ、解除の判断を
犬がすることなります。


指示の長さは本来人間が決めるべきで、犬の判断に任せては
失敗することもありますので、とても重要なコマンドです。


また忠実な犬は、長時間でも出された命令を守ろうとしますので
必ず解除してあげないと不安をあおりストレスを与えることになります。


ヨシを教える方法


ごほうびにつられて動いたり、我慢できなくなって体勢を崩して
しまったタイミングを見計らって「ヨシ」の声をかけます。
もう少し長時間我慢してほしい時でも最初から長時間は難しいものです。


解除の言葉だと理解できるようになれば、指示語を守ろうとする時間も
長くなってくるはずです。しつけには根気が必要です。


犬のいる暮らし

犬の問題行動とその対処方法

しつけの基本的な考え方

しつけを始めましょう

指示語の知識

犬を飼う準備

外に連れ出す時の基本ルール

飼いたい犬を選ぶ

人気の犬たちについて

美白