ペットのしつけ >  タッテ

タッテ

タッテ


「オスワリ」「フセ」ができるようになれば次の段階に進めます。
犬にとっては自然なポーズからトレーニングするが望ましい順序です。
「オスワリ」「フセ」が出来るようになれば、それらを解除し自然に立ち上がった
瞬間を見計らって、「タッテ」と声をかけましょう。


「タッテ」は必要な指示語ではないのですが、散歩後に足を拭くときなど、
その姿勢を保って欲しいときに使います。


また、屋外で地面が汚れている、店内で動いて欲しくないときなどに
そのままの姿勢を保てるように指示に従えるようになると便利です。


タッテを教える方法


1、「オスワリ」や「マテ」とセットで教えていきます。
「オスワリ」や「マテ」をさせます。鼻先にごほうびを持って行き気をひきます。
そのときに「オスワリ」「マテ」の姿勢を崩さないように注意します。
動かないように手で制御の合図をすることも必要でしょう。


2、手をゆっくりと上にあげ、犬がつられて立ち上がったら、手の動きを止め
「タッテ」という指示語を出します。立ってもすぐに動き出さないように注意します。


3、しばらく静止できれば「ヨシ」など、解除の言葉をかけてごほうびを与えます。
その後、十分に褒めます。


犬のいる暮らし

犬の問題行動とその対処方法

しつけの基本的な考え方

しつけを始めましょう

指示語の知識

犬を飼う準備

外に連れ出す時の基本ルール

飼いたい犬を選ぶ

人気の犬たちについて

美白