ペットのしつけ >  小犬の選び方

小犬の選び方

子犬


昔は家庭犬が自然に妊娠出産し、ひとづてに分けてもらい飼い犬になることが
多くありました。または自然に出産した犬が捨てられていたり、野良犬となったり
してうろつき、拾って飼い犬にするということもよくある時代がありました。


現在は気に入った犬をペットショップや直接ブリーダーから購入するのがほとんどです。
迷子犬や捨て犬も、ほとんどの場合はすぐに回収されて管理されており、簡単に引き取る
ことができなくなっています。


犬を飼いたい目的は様々です。家庭の事情、飼っていく資金の都合がつけば
犬を選ぶことになります。たいていの場合、ペットショップやブリーダーから
小犬を購入することになります。


犬種や色などの好みについて、いろいろな情報を収集して十分に家族で
相談しておくことが必要でしょう。いろいろ検討して調べていたとしても
近くのペットショップには求めている犬種がいないこともあります。


どうしても犬種やカラーにこだわるのならば、インターネットでも取引をされていますし、
ペットショップで探してもらうこともできます。


何種類かの犬種の候補があると、探しやすくなります。
実際にいろいろな小犬と対面して、目を合わせたり抱かせてもらうと、
想像以上に犬種よりも相性のよさが大事だということが分かっていただけると思います。


しかし思いつきで購入することは危険です。成犬になったときの姿を想像し、
長く一緒に暮らすことを前提としてよく考えましょう。


「とにかく元気のいい犬がよい」とか、特徴的な見た目にこだわるなど、
個性的な特徴を持った犬を希望していないのならば、一般的には「大人しい犬」を
選ぶのが飼いやすいとされています。


ペットショップで並んだ犬をしばらく見ていると、元気がよい、好奇心が強そうだ、
気が弱そうだという、個々の性格が見えてきます。それは短時間で判断できるものでは
ありませんから、信頼できる定員に普段の様子を訪ねたり、また気に入った犬に
出会えれば、時間を変えて何度も様子を見に行くなど十分な時間をかけましょう。


「大人しい」の判断基準としては、小犬のうちに仰向けの姿勢ができるが、
嫌がるかということがあります。最初から知らない人間に対しても、腹をみせると
いうことは穏やかで争いを好まない性格でしょう。


ただし気が弱く、他の犬に圧倒されることもあるかもしれません。
仰向けの状態を嫌がるのは気の強い証拠です。


しかし飼いにくいということではありません。
好奇心が旺盛で人前に出ることを嫌がらない性格であるとも言えます。
どこにでも連れて歩ける明るい性格に育てられるでしょう。
人の手や声に対する反応も見てみます。


まだ幼い小犬は、多くの人と関わっていないはずなのに、手を出したときに
異常に脅えたり威嚇することは、生まれてからペットショップに来るまでに
強いストレスがかかっていたか、何かのトラブルがあったのかもしれません。


異常に神経が細かいか、もともとあまり人間のことが好きではない可能性もあります。


犬のいる暮らし

犬の問題行動とその対処方法

しつけの基本的な考え方

しつけを始めましょう

指示語の知識

犬を飼う準備

外に連れ出す時の基本ルール

飼いたい犬を選ぶ

人気の犬たちについて

美白