ペットのしつけ >  犬のしつけ中の食事

犬のしつけ中の食事

犬の食事


犬がしつけられているかどうかの目安として、目の前の食事に
すぐに手をつけるか、飼い主のOKが出るまで我慢ができるか、
ということを判断材料にすることがあります。


野生動物にとっては、生きていくことは食べること、食べ物を捕獲するために
生きているといっても過言ではありません。飼い犬にとっては、食事は人間が与えて
くれるものです。


時間や分量を決めて与えているとはいえ、本能的には食べられるときに
食べられる分だけを蓄えておくのが基本です。犬のしつけを判断するために、
必要以上に我慢させることはとてもストレスがかかりあまり良い方法だとはいえません。


限られた食事の回数を、犬もとても心待ちにしているので、
出来るだけ楽しい時間として過ごさせてあげたいものです。


だからと言って、エサほしさに飛びかかったり、吠えて催促するのは問題ですし、
散歩中に商店の品物やよその犬の食べ物に手を出してしまうのもあっては
ならないことです。行儀良くできる程度のしつけとして、トレーニングしましょう。


「食事=楽しいこと」という場面さえ用意してあげられれば、
絶好のトレーニングの場面にはなります。テンポよく楽しい思いをさせてあげましょう。


人間の食事を犬に与えることはよくありません。食事の時間や与える場所を
人間のものときちんと分けておかないと、テーブルの上の人間の食事に
手をつけるようになってしまいます。


今日だけ特別ということが犬には理解できませんので、人間の食事を要求するように
なってしまいます。本来犬は人間という犬の立場の違いを分かっているものなので、
かわいそうという感情は不必要です。人間の勘違いで甘やかしてしまうとケジメが
付かなくなってしまいます。


食事の時間や回数を決めましょう。思いつきでやったり分量がばらばらだったりすると、
体調管理にもよくなく、また体内時計が狂ってしまいしつけがうまくいかなくなります。
成長期には、両を変えて与えていかなければなりませんが、ある程度落ち付いてくると
食欲が健康維持の判断になります。


同じ分量を与えていても残してしまうときには不調を考えてみなければなりません。


食事の準備中に、吠えたり、まとわりついて催促をしても無視します。
吠えることでエサをもらえることを覚えてしまうと我慢のできない犬になります。
人間にはいろいろ都合があるので、いつも犬の都合に合わせられるとは限りません。


また催促する姿が可愛らしいし、可哀相だからと相手をしていると、
むだ吠えをするようになります。


犬のいる暮らし

犬の問題行動とその対処方法

しつけの基本的な考え方

しつけを始めましょう

指示語の知識

犬を飼う準備

外に連れ出す時の基本ルール

飼いたい犬を選ぶ

人気の犬たちについて

美白