ペットのしつけ >  ペット犬のハウスについて

ペット犬のハウスについて

ペット犬イメージ


もともと犬は穴ぐらで生活していた動物で、広々とした空間を嫌う傾向があります。
普段、室内を自由にさせている飼い犬でも、よく見ると家具の横やいすの下など
身を守れるところにいることが多いでしょう。


最近の人間化した犬の中には危機感を感じる能力がうすく、リビングの中で
堂々とお腹を出して寝ている子もいるようですが・・・


犬と人間の差をはっきりさせるためにも犬専用のスペースが必要です。
犬を飼うと決めた時に家の中で適切な場所を準備してあげましょう。
小型犬なら持ち運び用のケースがそのまま居場所として使えます。


トイレ用のペットシーツを敷くスペース、水飲み場、食事の場所も含めて考えると、
サークルなどである程度、余裕のあるスペースを区切った方が良いかもしれません。


また、本来の性格を尊重すると、自分が安心していられるスペースを
作ってあげることは大切です。そのためにも、ハウスを作ってそこで体を休める
習慣をつけておきます。


自分の意志でハウスに入れるようになると、様々な場面でとても便利です。
子犬のころは甘えて人間と一緒にいたがります。ハウスが孤立した寂しい空間だと
捉えてしまうと嫌がるようになりますので、そこが落ち着く自分の家なのだという
ことを根気よく教える必要があります。


サークル(柵)で、逃げられないように囲ってしまうタイプのもの、昔ながらの犬小屋、
ペットを持ち運ぶためのケース(ケージ、クレート)などを使うことが多いようです。
ケージをハウスとして利用することのメリットは、病院や旅行など外出する時に
落ち着いてそこに入ってくれることです。


犬のいる暮らし

犬の問題行動とその対処方法

しつけの基本的な考え方

しつけを始めましょう

指示語の知識

犬を飼う準備

外に連れ出す時の基本ルール

飼いたい犬を選ぶ

人気の犬たちについて

美白