ペットのしつけ >  ハウスの選び方とアドバイス

ハウスの選び方とアドバイス

犬小屋


いわゆる昔ながらの小型の家状の犬小屋、鉄や木などのフェンス(サークル)で
囲ったスペースを作る、輸送用のケースを利用するなど、家庭によってそれぞれの
スペースの与え方があります。


小型犬ならば移動のことを考えて、サークルの中にもケージをおくなど、
動かせるものの中に入れるようにすることも大事です。病院や旅行など
移動するときにおとなしくしていてくれることはとても大事です。


充分に動けるスペースさえあれば、その形や大きさに決まりがあるわけではありません。
しかし、基本的にはハウスの場所は一回決めたら動かさないようにします。


ハウスの中


犬の問題行動のひとつである分離不安がひどく、一人でいる時に
家の中を荒らす犬もいます。あちこちにおしっこ漏らしたり、
物を壊したりする可能性があります。


そういう犬に留守番をさせるときには、サークルなどを組んで動けるスペースを
限定してしまいます。その中にハウスやおしっこシート、おもちゃやおやつを置き、
そこが安全な自分の場所なのだということを教えていきます。


ハウスの存在を教える


いたずらの罰として、ハウスに閉じ込めることは止めましょう。
ハウスは安心して自分から入る所ですので、閉じ込めると嫌いになってしまいます。
また、よっぽどの理由がない限り、犬が「いたずら」と認識して、人間の不都合を
起こすわけではありません。


何か問題行動があったときには、その理由を探ってあげることのほうが大事です。


ハウスに入るトレーニングの最中で入りたがらない場合、犬を無理矢理押し込む
ことは止めましょう。自分から喜んで入らなければ、そこは犬にとって安心できる
場所にはなりません。気長な訓練が必要です。


犬のいる暮らし

犬の問題行動とその対処方法

しつけの基本的な考え方

しつけを始めましょう

指示語の知識

犬を飼う準備

外に連れ出す時の基本ルール

飼いたい犬を選ぶ

人気の犬たちについて

美白