ペットのしつけ >  1位、ダックスフント

1位、ダックスフント

ペット犬イメージ


1位、ダックスフント
(スタンダード・ミニチュア・カニーンヘンを合わせた数で総合1位)
日本では数年前に大流行が起きて爆発的に飼育頭数が増えたが、
今でも人気が高く2006年度の登録同数においても1番多い犬種である。


起源は古く、古代エジプトの壁画にも、ダックスフントによく似た形の犬が
描かれているという。もとは狩猟用に改良された犬種。


大きさはスタンダード「ミニチュア」「カニーンヘン(超小型)」の
3種類に分かれているが、その規定は国によって少しずつ差がある。


原産国:ドイツ
原種:スイスのジュラ山岳地方のジュラ・ハウンド
スムーズヘアード・・・中型ピンシェルと交雑し、基礎犬が作られた
ワイヤーヘアード・・・スムーズヘアード種に、シュナウザー、テリアを交雑
ロングヘアード・・・スパニエルと交雑


名前の由来:ドイツ語の穴熊「ダックス」と犬「フント」をたした名前
外見的特徴:胴長短足、筋肉質で引き締まった体格、顔は面長、尾が長い耳が
下に垂れている、鼻は大きく鼻孔が開いている


体格:スタンダード・ミニチュア・カニーンヘンの3つの大きさに分けられている。
基本的にはミニチュアとカニンヘンはサイズが理想以上になることは少ないが、
スタンダードはサイズの差が出ることが多いといわれている。
体高: 13〜15kg
体重:
スタンダード:上限15kg
ミニチュア:上限5kg
カニーンヘン:上限3kg


被毛:
スムーズヘアード・・・
毛質は硬くて短いが、毛の流れは滑らかで光沢があり、密生している。

ロングヘアード・・・
やわらかく光沢があって長い。わずかにウェーブしている。

ワイヤヘアード・・・
短く粗い剛毛が全身を覆っている。顎と眉、耳を除いて、全体に密生している。


毛色:カラーバリエーションの豊富なのが、ダックスフントの魅力のひとつ。
クリーム系チョコ系が一般的だが、珍しいカラーも作られている。また交配の結果、
未確認のカラーもたくさんあると言われている。被毛の長さによってカラーが違う。


スムーズヘアード・・・
ブラック&タン
ブラック&クリーム
チョコレート&タン
クリア・レッド
マホガニー・レッド
シェイデッド・レッド
レッド・ブリンドル
シルバーダップル ブルー&タン・パイボールド
レッド・パイボールド
チョコレート&タン・パイボールド
イザベラ&タン・パイボールド
ブラック&タン・パイボールド


ロングヘアード・・・
ブラック&タン
ブラック&クリーム
チョコレート&タン
チョコレート&クリーム
クリア・レッド
シェイデッド・レッド
ゴールド
ピュア・クリーム
シェイデッド・クリーム
クリーム・ブリンドル シルバーダップル
イザベラ・ダップル
チョコレート&タン・ダップル
ブルー&タン・ダップル
ブルーダブルダップル
ブルー&タン
イザベラ
ブラックパイボールド


ワイヤヘアード・・・
ブラック&タン
チョコレート&タン
シルバーダップル
クリア・レッド
レッド・パイボールド
ゴールド ワイルドボア
ウィトーン
(ワイヤーにしかないカラーは、ワイルドボアとウィトーン)


性格:
(長所)
動きが機敏、耐久力、好奇心旺盛、独立心が強い、友好的、落ち着きがある、辛抱強い

(短所)
攻撃的、負けず嫌い、神経質、よく吠える


注意しなければいけない病気:
椎間板疾患(椎間板ヘルニア)、乾性角結膜炎股、糖尿病、てんかん、
膝蓋骨脱臼、聴覚障害、胃捻転


犬のいる暮らし

犬の問題行動とその対処方法

しつけの基本的な考え方

しつけを始めましょう

指示語の知識

犬を飼う準備

外に連れ出す時の基本ルール

飼いたい犬を選ぶ

人気の犬たちについて

美白